入院 / 転院のご案内

ご入院のお手続き

  • 診察の結果、または他の医療機関からの紹介によって入院治療が必要になった方は以下の手順で入院の手続きを行ってください。
  • ①初診の方は受付に健康保険証等を提出してください。
  • ②入院申込書に必要事項をご記入の上、看護師詰所にご提出下さい。
  • ③個室をご希望の方は看護師詰所にお申し出下さい。

ご入院に必要なもの

  • ご入院に必要なものご入院の際は以下のものをご持参下さい。
  • ①各種証明書(健康保険証・原爆被爆者手帳・後期高齢者被保険者証・入院要否意見書など)
  • ②印鑑
  • ③病衣(ねまき・パジャマ等)ご希望の方はご提供もいたしております(有料)。
  • ④肌着
  • ⑤洗面道具
  • ⑥スリッパ(鼻緒の付いた草履式のものが脱ぎ履きがし易いのでお薦めです)
  • ⑦湯呑み
  • ⑧スプーン・箸

ご入院費用のお支払いについて

  • ①ご入院費お支払いは月末締め切り・翌月10日請求となっております。
  • ②ご入院費お支払い期限は請求書が届いてから5日以内にお願いしております。
    ご退院時の場合はご退院日に請求させて頂きますのでその際にお支払い下さい。
    (会計窓口混雑緩和の為、お支払いは午後よりお願いいたしております。ご了承下さい。)
  • ③ご入院費の概算に関してはご退院の前日又は3日前位迄にお知らせいたします。
  • ④諸事情によりお支払いが遅れる場合や助成制度をご利用なさる方は受付窓口か
    医療ソーシャルワーカー(医療相談員)にご相談下さい。

寝具について

  • 特別室・個室をご利用の場合は「利用申込書」を看護師詰所にご提出ください。
    特別室・個室利用料(1人/日)は以下の通りです。
  • A B C D
    特別室 5,500円
    個 室 3,300円 2,200円 1,650円 2,750円
  • ※当病院の都合により入室をお願いする場合がございますが、その際の入室料は頂戴いたしません。
  • ※一般病室がご用意でき次第転室していただく事となりますのでご了承下さい。

ご入院中の食事について

  • ①食事は【朝8:00】・【昼:12:00】・【夕:18:00】 です。
  • ②入院食事療養(I)、栄養管理実施加算の適用を受け実施しております。
  • ③入院時の食事は治療の一環として提供されております。
    特別の事情が発生しない限り、欠食の取り扱いは出来ません。
  • ④病状によって治療食をご用意しております。
    食べ物や飲み物はお持ち込みにならないでください。
  • ⑤食事の準備の都合で急な変更はお受けできませんのでご了承下さい。

ご入院中の洗濯について

  • ①病院内での洗濯は各階の洗濯機と乾燥機をご利用いただけます。
    ご利用料金は洗濯機・乾燥機、共に200円/回です。
  • ②ご本人での洗濯が困難な場合やご家族がお近くにいらっしゃらない方の為に、
    下着類の洗濯をお引き受けいたしております。
    看護師詰所へお申し出下さい(6,300円/月の費用がかかります)。

貴重品について

  • 多額の現金、または貴重品はお持ち込みにならないようお願いいたします。
  • やむを得ず貴重品を持ち込みなさる場合で、その保管を依頼なされる方は看護師長にご相談ください。
  • 尚、お見舞い金のお預かりはうけたまわっておりません。ご了承ください。

電話・テレビ・冷蔵庫のご利用について

  • ①病室内に電話は設置いたしておりません。
    各階に設置しております公衆電話をご利用下さい。
    尚、消灯後の電話はご入院中の他の患者様の迷惑ならない範囲でお願いします。
  • ②テレビは各病室に設置いたしております。
    ご利用の際は備え付けの機器に利用カード(有料)を挿入してお使い下さい。
    カードは各階の自動販売機お買い求め下さい。
    1,000円/枚で15時間の利用が可能です。
  • ③冷蔵庫は特別室(A~C)と個室(Aのみ)に設置いたしております。
    ご利用の際は備え付けの機器に利用カード(有料)を挿入してお使い下さい。
    カードは各階の自動販売機お買い求め下さい。
    1,000円/枚で15時間の利用が可能です。

入院中のご入浴について

  • お風呂に入って良いかどうかの判断は主治医の指示に従って下さい。
  • 一般浴室の病棟別・曜日別・性別の利用時間は次の通りです。
  • 男 性 火・木・土
    女 性 月・水・金
    第2病棟 13:30〜14:30
    第3病棟 14:30〜15:30
    第4病棟 15:30〜16:00

院中の他院への通院及びお薬の処方等について

  • ①他院からのいわゆる「持参薬」がございましたら病棟看護師へお知らせ下さい。
  • ②現在、定期的に他院への通院(診察・お薬の処方等)がございましたら病棟看護師へお知らせ下さい。
  • ③入院中に他院への受診及びお薬の処方等は主治医の許可が必要です。

ご入院期間中の注意・禁止事項

  • ご入院中は以下の事に注意してください。
  • ①ご入院中の飲酒は禁止いたします。
  • ②病院の館内は禁煙です。喫煙は本館外側喫煙コーナーでお願いします。
  • ③外出・外泊は「原則として禁止」です。やむを得ない事情がある場合は
    その旨を病棟看護婦詰所に申し出て、主治医の許可を受けて下さい。
  • ④電気毛布・アンカ・エアマットなどの電気器具の使用を希望なさる方は事前に病棟看護師長に申し出て
    許可を受けて下さい。器具の種類によっては電気料の実費を頂く場合がございます。

医療連携室

近年多様化する医療の現場では、医療機関同志の連携や地域社会・行政との連携が重要視されており、当院ではその窓口として医療連携室を開設しています。医療連携室では、地域の医療機関や行政・施設・ケアマネジャーなどと連携を行い、当院の利用やその後の生活がスムーズに行えるよう支援しています。

業務内容

  • ・入院・転院、受診に関する相談
  • ・地域の医療機関や施設との連絡・調整
  • ・退院支援・療養支援
  • ・院内連携
  • ・身体障害者手帳や特定疾患などの案内、手続きの援助
  • ・医療連携における地域の勉強会やカンファレンスへの参加
  • ・医療相談室

医療連携室スタッフ

  • 医療連携室長/渡邉 尚(副院長)
  • 医療ソーシャルワーカー/3名

医療相談室

病気を元にして体の状態や生活環境に変化があると、介護や医療費などさまざまな問題が出てきます。医療相談室では、専門の医療ソーシャルワーカーがそのような悩みや心配事をお伺いし、必要に応じて医師・看護師・薬剤師・栄養士・医療事務等の専門職と共同して問題解決のお手伝いをさせて頂きます。

ご相談内容について

  • ご相談内容に関する秘密はこれを厳守し、
    患者様やご家族が不利益を被る事がないように配慮しております。
  • ①介護保険について知りたい 介護保険申請や手続きはどうしたらいいのだろうか。
  • ②点滴や酸素を利用しながらでも在宅で療養するにはどうしたらいいか。
  • ③退院可能と言われたが、今の状態では自宅で介護が出来ない。
  • ④施設や病院を紹介して欲しい。
  • ⑤医療費の支払いが心配。費用はどのくらいかかるんだろう。
  • ⑥身体障害者手帳や特定疾患について教えて欲しい。
  • ⑦先生や看護師には言いづらいが、相談したい事がある。
  • ご相談の際は直接医療連携室にお越し頂くか、
    受付やナースステーションで病院スタッフにお声かけください。

お見舞いの方

ご面会

  • ①ご面会可能な時間は午後2時~7時までとなっております。
  • ②時間外の面会が必要な場合は病棟看護師詰所にお申し出ください。
  • ③各病棟に食堂兼談話コーナーを設けておりますのでご利用下さい。
  • ④お見舞い金のお預かりはうけたまわっておりません。ご了承ください。