ホーム → 診療科紹介TOP → 神経内科紹介

■ 診療科紹介 ■

BNR_ds03ss01.gif
BTN_ds03ss00_ovr.gif BTN_ds03ss01_ovr.gif BTN_ds03ss02_ovr.gif BTN_ds03ss03_ovr.gif BTN_ds03ss04_ovr.gif
BTN_ds03ss05_ovr.gif BTN_ds03ss06_ovr.gif BTN_ds03ss07_ovr.gif BTN_ds03ss08_ovr.gif BTN_ds03ss09_ovr.gif
神経内科紹介
LIN_RuledLineWidth_L.gif

概要

LIN_RuledLineWidth_L.gif
LIN_RuledLineWidth_L.gif
頭痛、めまい、しびれ、失神、ふるえ、物忘れなどの神経症状に対しCT、MRI、筋電図等を用いた検査診断を
行っています。
 
脳卒中の回復期から慢性期リハビリテーションを行っています。
 
 

・コンピューター断層撮影(頭部CT)

 頭部CT検査とは、頭部をX線撮影、コンピューター処理して、頭蓋骨の中の様子の輪切りにした画像を
 映し出す検査です。
 
 造影剤を使わないで撮影する「単純撮影」と、造影剤を使って撮影する「造影撮影」があります。
 
 脳梗塞(脳塞栓、脳血栓)、脳出血、脳腫瘍、脳動脈瘤、外傷による脳挫傷や血腫、水頭症等の診断に
 

・頭部MRI

 頭部MRI検査とは、MRI装置で強磁場をつくりだし頭蓋内の水素原子核からの信号をとらえて頭蓋内の
 断面を画像化して脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などの頭部の病変の手がかりを調べる検査です。
 
 CTでは写せない小さな脳梗塞や脳幹部の病変などもはっきりとらえることができ、脳出血、脳梗塞、
 くも膜下出血、動脈瘤、動静脈の奇形、多発性硬化症などの診断に有用です。
 
 また、頭部の血管の様子を詳しく立体画像化しようというのが頭部MRA(磁気共鳴血管造影)です。
 画面上で方向を変えて三次元に画像を表示することが出来ます。
 くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤の検査に用いられています。
dummy.gif
LIN_RuledLineWidth_L.gif
dummy.gif
LIN_RuledLineWidth_L.gif
担当医師
dummy.gif
IMG_ds02_EmiTakahashi.jpg dummy.gif BAR_V_PPL_grd.gif dummy.gif 非常勤
なかむら たつふみ
中村龍文
所属学会
・長崎大学准教授・日本神経学会(指導医)
dummy.gif
IMG_ds03_dummy4.jpg
dummy.gif
dummy.gif